ご注意下さい

暗証番号について

最近、偽造・盗難キャッシュカードにより預金が不正に引き出される被害が増えています。
被害を未然に防ぐため、キャッシュカードや暗証番号の管理には十分ご注意ください。
偽造キャッシュカードを用いて預金が不正に引き出された被害の6割弱のケースで、類推されやすい暗証番号を使用していたという調査結果もあります。

キャッシュカードをご利用のお客様で類推されやすい(※)暗証番号を使用されているお客様はすみやかに暗証番号を変更してください

※ 類推されやすい暗証番号
(例)生年月日、自宅の電話番号・番地、勤務先の電話番号・番地、自動車等のナンバー等。

暗証番号の変更手続

お取引店の窓口にご相談ください。また、ATMでも簡単にキャッシュカードの暗証番号の変更手続ができますのでご利用ください。

偽造・盗難キャッシュカードによる被害に遭わないための注意点

  • 第三者に暗証番号を知らせたり、キャッシュカードを渡したりしないでください。
  • 当組合の職員や警察官等がATMコーナーや電話等で暗証番号を聞くことはありません。不審な場合は、お取引店へご照会ください。
  • 暗証番号をキャッシュカードに記載しないでください。また、容易に認知できるような形で暗証番号を記載したメモ及び暗証番号を類推される書類等を、キャッシュカードと一緒に携行・保管しないでください。
  • 暗証番号をロッカー、貴重品ボックス等の金融機関の取引以外で使用しないでください。
  • キャッシュカードを自動車内等の他人の目につきやすい場所に放置しないでください。
  • キャッシュカードも通帳や印鑑と同様に、大切なものですので、厳重な管理をお願いします。また、長時間お手元からお離しにならないようにしてください。
  • ATMをご利用の際は、のぞき見されないようにしてください。
  • ATMのご利用明細書をむやみに捨てないでください。
  • 通帳の記帳をできるだけ頻繁に行い、不審な取引の有無をご確認ください。
  • 他の金融機関のキャッシュカードで偽造・盗難の被害に遭われた際には、当組合のキャッシュカードについても被害の有無をご確認ください。なお、当組合のキャッシュカードの被害が無い場合でも暗証番号を変更されることをお勧めします。

カード預金者保護法に関して

「カード預金者保護法」(平成17年8月10日公布、平成18年2月10日施行)を踏まえ、当組合のカード規定等を平成18年2月に改正いたしました。

カード規定改正の概要

また、お客様が偽造・盗難キャッシュカードの被害に遭われた際に重大な過失あるいは過失となる具体的な事例を別紙に掲載しておりますので、併せてご確認ください。

重大な過失または過失となりうる場合