ケンシンについて

決算のご案内・ご報告

平成27年度決算のご案内

預金

預金については、サンフレッチェ広島応援定期預金が好調であり、また、三原支店の新築による記念預金の獲得や、尾道市が主催する囲碁まつり「女流本因坊秀策杯」の特別協賛を縁として発売したふるさと応援定期預金「Let’s“碁”」も好調に推移いたしました。

この結果、期末残高で前期比 128億15百万円増加の2,805億79百万円となりました。

貸出金

中小事業者や個人の皆さまの幅広い資金ニーズに的確・迅速にお応えし、運転資金や設備資金などの事業性のご融資や、個人向けの住宅資金・消費資金に積極的に対応してまいりました。

この結果、期末残高で前期比63億3百万円増加の1,908億25百万円となりました。

損益

収益面では、貸出金利息、有価証券利息の増加により、資金運用収益が前期比で53百万円増加したものの、償却債権取立益等の減少により、経常収益は前期比39百万円減少の61億5百万円となりました。費用面では、預金利息が、預金量の増加とあわせて、サンフレッチェ広島の優勝に伴う定期金利の上乗せにより、前期比で1億1百万円増加となりましたが、物件費等の減少により、経常費用は前期比66百万円減少の46億99百万円となりました。

この結果、業務純益は前期比1億11百万円減少の22億56百万円、コア業務純益は前期比91百万円減少の22億10百万円、経常利益は前期比27百万円増加の14億6百万円、当期純利益は、前期比30百万円減少の8億38百万円となりました。

組合員と出資金

出資金は、組合員数が期中1,002人増加して60,997人となり、普通出資金で72百万円増加し67億90百万円、その他の出資金3億60百万円を加えた、出資金合計は71億50百万円となりました。なお、出資配当率は、前期に引き続き、年2.5%といたしました。